メイク落としが要らない肌に優しいファンデーション|美肌になれる

改善方法と原因

女性

改善のポイントとは

気になっていたニキビの腫れが治まったけど、まだ赤みが残っているということがあります。この赤みのあるニキビ跡は、ニキビ跡の中でも治りやすいと言われています。この症状が治まった直後のニキビ跡の段階でしっかりとしたケアをすることが大切です。しかし、この段階でどんなケアをしたらいいのかと思う人もいるのではないでしょうか。この赤みのあるニキビ跡を改善させるケア方法は難しいものではありません。重要になるのが、肌サイクルを乱さないということです。正常な肌サイクルを保つことができれば、自然と赤みも消えてきます。スキンケアとしては保湿がポイントです。しっかりと保湿をしながら、刺激を与えないようにして正常な肌サイクルを保ることが大切です。

なぜこの症状は起こる

ニキビ跡でよく知られているのが色素沈着を起こしたニキビ跡や、クレーターのように凸凹したニキビ跡です。このようなニキビ跡になってしまうと簡単に改善させることはできません。しかし、ニキビの症状が治まった直後の赤みのある状態なら、自宅でも可能です。この状態では、また症状が続いていると考える必要があります。多くの人が腫れが治まればニキビが治ったと考えるのではないでしょうか。しかし、赤みがある段階では、まだ肌の奥で炎症が続いている状態です。そのため、まだ赤みが残っています。腫れがないからといって刺激を与えてしまうと、ニキビ跡が悪化させる原因ともなります。まだ完全に治ってはいないことから、優しくケアしてあげることが大切です。